FC2ブログ
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
07« 2018/08 »09

FC2カウンター

プロフィール

K・K

Author:K・K
K・Kのブログへようこそ!
日記と漫画・文庫・ゲームが主なBlogです。
拍手&コメントお待ちしております(^-^)
お気軽にどうぞ~、励みになります。
ついでに、遊びに行ったりもします。
でも、荒らしはお断りです(^-^;)

Twitter

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の正しさについて

慣用句や言葉の意味(使い方)が間違っている人が多い
というような事が新聞に書いてあったけれど

間違っているから、本来の意味で使えるようにしたほうが良いかというと
それはそれでどうなの?と

過半数の人が意味を間違えている言葉や慣用句があるとして
それはつまり本来の意味を覚えて、その意味で使ったとしたら
過半数の人が誤解して受け取るというわけだから

言葉や慣用句の使い方で正しいのにコミュニケーション結果は誤りになる
言葉は意志の疎通、コミュニケーションをおこなうために必要なものであるから
言葉の正しさに注意するあまりコミュニケーションが正常に働かなくなったら
本末転倒。だと思うのですね。
言葉を必要とした意味(役割)がおろそかになってしまう

正しく自分の思いを伝えるためには、慣用句や言葉の意味を互いに共有するために確認し合う作業が必要なのかもしれません。けれども、そうするとそれはそれで大変面倒でまどろっこしい会話になってしまうので
できる限り相互が意味の捉え方の違いが生まれないような言葉を選んで、できるだけ簡単に話すのがいいのかもしれません。

結局言葉というのは良くも悪くも不完全な意思疎通の方法でしかなくて、だから正しくなんて伝わらなくて
言葉には言葉を説明する言葉が必要で、さらにその言葉を説明する言葉が必要なのかもしれません

言葉によるコミュニケーションというのは、言葉を重ねることで完全には理解できない相互の思惑をすりあわせて
大方正しいであろうという近似値を出す行為なのだと思いました。たぶん。
スポンサーサイト
薬指の標本 | HOME | ダイエットをしてみる夏

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。